ライフサイクル評価

ハンファQセルズ製品の全ライフサイクルを一貫する環境的性能は当社の最大優先事項の一つです。

ライフサイクル評価製品の全ライフサイクルを通した環境への影響を体系的に評価したものです。これには原材料生産、使用、輸送、製品廃棄、さらに、原材料や添加剤、消耗品の生産等の関連上流/下流プロセスが環境に与える総合的影響を含みます。

Qセルズ製品ブランド製品の全ライフサイクルにおける環境性能は当社の最大優先事項の一つです。ハンファQセルズの各拠点における実際の生産から得る上流及び下流の工程から来る情報を含めることによって、サプライヤーチェーンにおいて廃棄処分の間に発生する環境影響に対しても責任を負います。製品のライフサイクル評価を、珪素の抽出に始まりウェーハ製造からセル生産さらにモジュール組立、地上設置型と屋根設置型のQセルズブランド製品のソーラーパネル使用に至る、その周期全体に渡って作成するように取り組んでいます。これらの評価は生産、使用される梱包材料、エネルギー消費、輸送距離、各ライフサイクルの段階において発生する排出量や廃棄物を考慮に入れています。


こうすることで製品が環境に与える影響の全体像を把握でき、積極的に改善することができています。評価 ソフトウェアアプリケーションと化学的根拠のあるデータベースを利用して、データを比較しデータが確固たる事実に基づくことを確実にできています。この解析結果には全体的CO²排出量とエネルギーの投資回数に対するエネルギー収益が含まれます。基準値を用いると、Qセルズ製品ブランドのソーラーモジュールが平均的モジュールより遥かにエネルギー効率に優れ、実質的に気候に対してより影響を与えないことが明らかです。当社のエネルギー効率の高いソーラーモジュールは、例えば化石系エネルギー生産者よりもCO²を出さない電力を生成するすことから気候保護に役立つことができます。理解しやすい統計データは世界中で再生可能エネルギーに切り替えるように振興するために重要な役割を果たすので、結果の透過的発表は当社にとって重要です。


  • エネルギーコスト回収期間

    代表的屋根設置システムの当社モジュールによるエネルギー投資回収(元が取れるまでの)期間は1.42年です。モジュール以外のシステム部品を除くと、当社モジュールによるエネルギー投資回収期間は1年になります。このデータにはライフサイクル前段階を含みます。

  • 部品のそれぞれのエネルギー需要

    このプレゼンテーションは太陽電池モジュールのライフサイクルにおいて一番エネルギーを消費するプロセスがどちらかを見せます。この場合は、ウエハー生産は最も大きな割合(55.3%)を有し、次はモジュール変換(19.8%)です。

  • 余剰エネルギー

    余剰エネルギーとは、使用フェーズにおいて発電量が生産に投資されたエネルギー量を上回った回数を示します。

  • 炭素排出量

    炭素排出量は製品ライフサイクル全体を一貫して出される二酸化炭素排出量に等しい量を表します。