USA

ダウンストリーム事業と国際プロジェクト展開

ハンファQセルズアメリカ

ターンキー太陽光発電プラントにおける財政的に強く経験豊富なパートナー


170MW以上展開・設置したハンファQセルズアメリカはアメリカ州におけるプロジェクトを展開する経験が豊富です。※経験豊富な当社の専門チームはプロジェクト展開において互いに100年間以上の直接参加による経験を持ち、5GW相当の太陽エネルギーを展開しています。さらに、当社は特にメキシコおよび中央アメリカ、カリブ地方での展開を目的とするチームがあります。


当社は財政的に強く経験豊富なパートナーで、アメリカ州全域において最適な投資機会を探し続けます。成功事例の一つが、ハンファQセルズ米国が手ごろな費用でスーパーファンド地区初の商業規模のソーラーファームを建設し、事業者を数十年間困らせていた壁を越えたことです。経験深い当社の事業専門家は用地取得、環境調査、政府認可など、グリッド接続、売電、EPC請負、プロフォーマ財務モデリング、保険、その他の展開事項を管理します。当社のアプローチは案件別に非常にカスタマイズされ、プロジェクトを発足させたり買収したり共同展開したりします。当社はプロジェクトを発足させ、商業用電力会社と直接協力しますが、取得と共同展開の対象となる初期・中期・後期プロジェクトのバランス型ポートフォリオにも関心を持っています。


* 株式会社ハンファQセルズの関連会社ハンファQセルズ米国がハンファQセルズGmbHと協力して展開した太陽光発電プロジェクトを含みます。本サイトのこのコーナーにはハンファQセルズ米国によって展開されたプロジェクトの例がいくつかあります。


ビーコン2&5 –アメリカ合衆国 カリフォルニア州 カンティール

カリフォルニア州カーン郡カンティール近郊のビーコン2、ビーコン5の二つのプロジェクトは2017年12月に建設が完了しました。このプロジェクトから生み出される108MWの電力は、発電事業者とカリフォルニアの消費者に供給されます。単軸追尾式システムと、ハンファQセルズのQ.PLUS太陽電池モジュール320,000枚が使用されています。この二つのプロジェクトの完了は、アメリカ全土の大規模太陽光発電所に焦点を当てた、ハンファQセルズのEPC事業の優れた設計・調達・建設プロセスの終了を意味しています。このプロジェクトの建設において、最大600人以上もの雇用をカーン郡に生み出しました。


  • 用途
    発電所
  • 竣工
    2017 年
  • モジュール数
    Q.PLUS L-G4.2
  • 設置済み発電量
    108 MWp

タタンカ –アメリカ合衆国 ミネソタ州 バッファロー

ATI V3単軸追尾システムと集中型インバータを使用した、この8.69 MWのプロジェクトは、ミネソタ州バッファローに建設されました。起伏があり不安定な地形のため、建設が困難な状況の中、2017年の冬、無事に完成しました。


  • 用途
    発電所
  • 竣工
    2017 年
  • モジュール数
  • 設置済み発電量
    8.69 MWp

パインランズ – アメリカ合衆国 ノースカロライナ州東部

パインランズのプロジェクトは、固定式傾斜架台システムと、集中型インバータを使用し、ノースカロライナ州東部に2017年と2018年に完成した、合計5つの7MWプロジェクトで構成されています。プロジェクトのシステム容量は同じですが、各サイトには異なる独自の設計特徴があります。建設完了後、それぞれのサイトに隣接するDuke Energy DGの電線に系統連系しています。


  • 用途
    発電所
  • 竣工
    2017~2018年
  • モジュール数
  • 設置済み発電量
    合計35 MWp

米国インディアナ州インディアナポリス市のメイウッド

メイウッド・ソーラーファーム・プロジェクトは既存のほぼ17万5000平方メートルのスーパーファンド地区を11MWの太陽光発電・再生可能なエネルギー団地に変貌させました。ハンファQセルズ米国はアメリカ合衆国環境保護庁および地区の所有者の株式会社ヴァーテルス・スペシャリティズ、その他のプロジェクト・パートナーと協力して2014年6月に地面設置の太陽電池アレーを完成しました。プロジェクトの経済性を確保するために、当社は適応型の工法を開発し、従来の工法と比べて現場での土砂移動量を93%減少しつつ、周知の危険物質の露出可能性を最小化するに至りました。


  • 用途
    発電プラント
  • 竣工
    2014 年 6 月
  • モジュール数
    QセルズQ.PRO L 295W、300W
  • 設置済み発電量
    11 MWp

カナダ・オンタリオ州のOSPVF

OSPVFプロジェクトはオンタリオ州北部の過酷な冬に無事に完成しました。当社はカナダ人の構造技術者と協力して独自の杭打ちシステムを開発しました。三重凍結防止付きの大型杭打ち機は当社によって開発・設置され、2014年に深さ2メートル以上の霜で凍結融解を何度も繰り返すことができました。近くには、工学設計が低水準で故障して冬の後に架台が転落したプロジェクトが多く存在します。また、多くの米EPC会社がオンタリオから退去しましたが、当社は成功しており、オンタリオにおけるプロジェクトの入札に積極的に参加しています。


  • 用途
    発電プラント
  • 竣工
    2014 年
  • モジュール数
    ハンファ・ソーラーワンHSC 60 Poly Can-Am 255W
  • 設置済み発電量
    42.5 MWp

米国・カリフォルニア州パームスプリングス市ガーネットヒル

ハンファQセルズ米国はカリフォルニア州パームスプリングス市において計5MWの地面設置単軸追尾システムを建設しました。このプロジェクトはSCE社の33kV配電システムに相互接続し、同社と売電契約を締結しています。


  • 用途
    発電プラント
  • 竣工
    2014 年
  • モジュール数
    QセルズQ.PRO L 300W
  • 設置済み発電量
    5 MWp

メキシコ・サンホセデルカボ市のチェンダス・ソリアナI

ハンファQセルズ米国、およびメキシコの2番目に大きな電力小売業者チェンダス・ソリアナSA de CVの間で、メキシコ全国の120ヶ所における小売目的の31MWの20年間売電契約は締結されました。当社は全31MW分の資金を調達します。フェーズ1では、当社は発電量が合計3.05MWの高効率なQセルズQ.PRO-G3 250 Wpパネルを1万2000設置しました。


  • 用途
    発電プラント
  • 竣工
    2014 年
  • モジュール数
    QセルズQ.PRO-G3
  • 設置済み発電量
    3.05 MWp

米国ハワイ州オアフ島のKREP

6.2MWの設置済み発電量を有すカラエロア再生可能エネルギー団地(KREP)はオアフ最大の太陽光発電プロジェクトです。該プロジェクトは、1000世帯に給電、オアフ島の発電量の約0.5%を占めるほど年間約900万キロワット時(kWh)発電します。


  • 用途
    発電プラント
  • 竣工
    2013 年
  • モジュール数
    ハンファ・ソーラーHSL72-P6-300T
  • 設置済み発電量
    6.2 MWp

カナダ・スーセントマリー市のスターウッドI~III

この大型太陽光発電プラントは3ヶ所のプラントから構成されており、2010年から2011年の間に設置され、カナダ・オンタリオ州にクリーンな電力を供給しています。モジュール全て、ならびに設計、計画作成、建設作業の全てをQセルズSEが請け負いました。


  • 用途
    発電プラント
  • 竣工
    2011 年
  • モジュール数
    QセルズQ.PRO L 285W
  • 設置済み発電量
    66 MWp